就職する際に求人情報を見ていると「派遣」という言葉をよく見ますよね。そこで「あぁ、面白そうな職業だけど派遣かぁ…」となってしまっていませんか?一口に「派遣会社」と言っても、さまざまな派遣会社の種類があるんです!

派遣社員として働く女性たち

派遣会社と一口に言っても種類がある

派遣会社はいまでは労働市場ではなくてはならないもので、この会社を抜きにして雇用情勢を語ることができないくらい様々な職種に関係して、かつ多くの会社が利用しています。
しかし一般的にはこの会社はひとくくりにして考えますが、実がその業務の内容によって種類があります。その種類はおおきく分けて二種類で、特定派遣事業と一般派遣事業があります。前者は、会社の常時雇用しているものと仕事が入れば採用される登録者で構成され、後者は仕事があれば派遣されるという登録者のみで構成されるものです。そのために会社のリスクに差がでます。特定の方が、常用雇用を抱えるので一般の会社同様、社員の給与や社会保険の加入などの経費リスクがあります。一般の方は、仕事があれば雇用するので常時雇用するというような経費リスクがないです。そのため特定は労働局に届けで設置要件を満たして受理されれば開業できますが、一般は設置要件に関して厚生労働大臣の許可が必要で厳しくなっています。しかしこれは改正前のことで派遣において雇用を安定させる必要性から、特定でも一般でも許可が必要ということになりました。派遣切りなどで社会問題にもなったことからこのような会社を厳しく監視していくという観点で許可制という改正がなされました。
それ以外でも最近よく注目されているのが、紹介予定派遣という相手方に正社員になること前提で行う会社があり、この場合には、相手先に職業紹介をするために職業紹介事業の許可を得る必要があり、その許可をえた会社がこのような紹介予定の派遣を行うことができます。以上にように大別して2つではありますが、それ以外に職業紹介という組み合わせた会社も存在するということになります。